ロゴ                              当サイトご利用について

    TOP / 電解次亜とは? / 機器紹介 / 使用事例 / ノロウイルス対策に / お問合せ
電解水.jp
機器紹介

小型・ポータブル用



ポータブル型電解次亜水生成器 ミニクローラ LB-953


ミニクローラ

優れた殺菌洗浄能力
インフルエンザ、ノロウィルス、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などの食中毒原因菌に対して効果を発揮します。

安心・経済的

水と食塩(塩化ナトリウム99.5%)と電気で作る電解次亜水は、従来の殺菌剤に比べてランニグコストが低いうえ、原液を薄める手間もなく安心設計です。 1リットル当たり約1円の低コスト。

操作は簡単
原料の水と食塩を入れ、ボタンを押すだけの簡単操作。
生成しておけばいつでも使えます。

持ち運びに便利
AC100Vの電源(AC240Vまで対応)があれば動作します。
配管工事は必要ありません。

試験データ
試験品:ミニクローラ生成水
試験ウィルス:ネコカリシウィルス(ノロウィルスの代替菌として)
試料名 作業時間(秒)
0 30 180
クローラ水90ppm 9.5×10^5 検出限界 検出限界
クローラ水30ppm 9.5×10^5 2.1×10^2 9.5×10
単位:TCID50/ml

グラフ


試験品:電解次亜水60ppm
試験ウイルス:A型インフルエンザ
  初発ウイルス量 30秒処理後のウイルス量
A型インフルエンザ 18×10^5 0
単位:TCID50/0.05ml

試験:財団法人 北里環境科学センター






カタログはこちらのサイトよりダウンロードできます。
カタログダウンロード


ミニクローラのご購入、ご相談はこちらへ
株式会社トリスター



一番上に戻るトップに戻る