ロゴ                              当サイトご利用について

    TOP / 電解次亜とは? / 機器紹介 / 使用事例 / ノロウイルス対策に / お問合せ
電解水.jp
機器紹介

食品加工施設向け



電解次亜水生成機 LTハイクロ 150FWTS


150fwts 電解次亜水を大量生成
60ppmの標準濃度で、60t/日の生成量。

15,000時間(約5年)*の長寿命電極
最先端テクノロジーにより、15,000時間の長時間使用に耐える電極を使用しています。
*8時間/日、365日/年稼動とする。

原水の水質を選ばず、貯水タンクが不要
電解水を現場配管に直接注入する方式だから、これまで電気分解に不適とされていた地下水や海水などにも対応します。
また、貯水タンクも不要となるので設置スペースも最小限ですみます。

有効塩素濃度もデジタル表示調整方式
現場の衛生管理にも適した濃度(30〜80ppm)が選択できます。 また、流水量で使用水量(瞬間および日量)がチェックできるので水のコスト管理に便利です。

簡単操作、ワンタッチ
簡単操作で、生成や装置の状態も一目で分かる液晶タッチパネル搭載です。

低ランニングコスト
1tのハイクロウォーターを生成するのに必要なランニングコストは16.8円(60ppm)。そして、この生成に必要な食塩の量は、わずか156gという すぐれた電気効率を実現しました。これは、薬剤の次亜塩素酸ソーダの約半分です。
(市販次亜ソ12%60円/Lで購入の場合30円/tです。)
*ただし、電気代:13円/kWh 食塩代:1,641円/25kg 電解用水道代:215円/m3として。



カタログはこちらのサイトよりダウンロードできます。
カタログダウンロード




一番上に戻るトップに戻る